自然な目元をつくる方法|二重整形に挑戦しよう【クリニックによって費用には差がある】

自然な目元をつくる方法

顔に触れる女性

日本人に合う目元

日本人の目は蒙古襞が覆いかぶさっていることが多く、一重や奥二重の人が多くなっています。一重や奥二重は瞼が覆いかぶさっている分け目が小さく見えてしまい、どことなく顔の印象が寂しく見えてしまうでしょう。そこでおすすめするのが美容整形です。美容整形を受けることで、はっきりとした目元をつくることが出来、憧れの大きな瞳をつくることが出来るでしょう。そんな美容整形ですが、出来るだけ自然な目元をつくりたいという方もいるのではないでしょうか。急にはっきりした二重をつくってしまうと周りに美容整形を受けたことがバレバレですし、大きな瞳をつくる為には、幅広のラインを取る必要がある為、腫れや内出血が強く出てしまう場合もあるでしょう。では美容整形を受ける場合、ばれにくい目元をつくる為にはどの様な施術が合っているのでしょうか。まず出来るだけ自然な目元をつくる為には、しっかりカウンセリングを受けて希望をドクターに伝えます。目の形や瞼の脂肪の付き方によって合う施術が異なるので、色々相談してみましょう。また、日本人の目は蒙古襞が覆いかぶさっていることから、目尻にかけて幅広になる末広型の目元が合います。目尻にかけてきれいに広がる目元は、日本人の顔を引き立て、凛とした印象をつくることが出来るでしょう。また、あまり幅を広くしてしまうとその分瞼に負担が出てしまいますし、埋没法を受けた場合は取れやすいというリスクが伴ってしまいます。より自然に仕上げたい場合は腫れや内出血を抑える為にも極端に二重の幅を広げないことをおすすめします。そんな二重整形ですが施術にはいくつか種類があります。針と糸を使用した埋没法、メスを使用した切開法があるでしょう。また、この切開法には全切開と部分切開があります。埋没法がメスを使わない施術であり、いわゆるプチ整形と呼ばれる施術です。瞼の裏から糸を通し、数箇所留めて二重ラインを作っていきます。施術時間も大変短く、あっという間に施術を終えることが出来る簡単な施術です。瞼に脂肪が少ない方におすすめの施術であり、瞼の状態によっては数年で取れてしまう場合もあるでしょう。絶対二重ラインを維持したいという方には切開法がおすすめです。切開法はメスを使用し、皮膚を縫い合わせて二重ラインをつくる方法です。切開法には目尻から目頭まで切開する全切開と、数ミリ程度切開する部分切開があります。どちらの方法も瞼を切開した際に、余分な脂肪が瞼にある場合は取り除きながら施術が行われます。その為、瞼の厚みも押さえることが出来、しっかり二重ラインをキープすることが出来るでしょう。ただし、切開法は埋没法よりも腫れや内出血のリスクが大きくなります。また、人によってはダウンタイムの時間を多く取らなければいけない場合もある為、施術を受ける際はしっかり考えて施術を受ける必要があるでしょう。美容整形を受けることは近年珍しいことではありません。また、メスを使用しない施術が増えたことにより美容整形に興味を持つ人が増えてきました。美容整形の中でも埋没法は簡単に出来る施術として人気になっています。ただし瞼の状態によっては切開法の方が合っている方もいるので、まずはドクターに相談しましょう。